AIうぉ--!(ai-wo-katsuyo-shitai !)

AIを上手く使ってみせたい!!自分なりに。

AIの将来を科学的に予想するNo.06(厳密、精密な仕組でないのに、複雑な問題に対応できるのがAIの凄いところ)

厳密、精密な仕組でないのに、複雑な問題に対応できるのがAIの凄いところ

ふつう、難しい問題を解く場合、(例えば、数学の問題でもいい)、
厳密というか、精密というか、正確な知識を積み上げる必要があると考える。

たとえば、   
6+7   
が13であることを、99.999%の信頼度?でAIが計算できるとして、 つまり、100%ではないとして、
その程度の能力で、   
sin(x) = 0.73
  
で、xの値が解けるようになるとは、ちょっと、思えない。

しかし、AIは、それが容易にできてしまう。 上記の問題は、それほど、複雑でないが、もう少し、複雑な問題も、対応できてしまう。
これらは、単なるニューラルネットの学習に過ぎないが、、、、

複雑化すると破綻すると考えるのが普通であるが、
意外と全然破綻しない。 
(このあたりが、人間と大きく違うところ。。。)